2014年07月16日

稽古

 12日(土)は、クマエンの稽古見学に6人の学生さんが東海大学からいらっしゃって、16人で活動しました!

 みんなで体操と発声をしたのち、3つのグループに分かれて部員が書いた脚本3本(10月のDENGEKI脚本候補たちです)を一時間ちょっとで練習し、発表しました。見学に来てくれた人たちはほとんど演劇経験がなかったのですが、こちらの部員の振りにも全力で応えてくれて、演劇部員たちも気合が入りました。
 各脚本のいいところ、悪いところも見えてきました。DENGEKI脚本決定までにどれだけ改善させられるか、楽しみです。

 今回見学に来てくれたみなさんは、先日正式にクマエンの部員になった東海大学の一年生、栂野くんの紹介です。東海大学(熊本キャンパス)には演劇をする団体がないのにこれだけの人数が集めるとは、栂野くん恐るべし。それだけ、演劇に興味をもつ人が多いとも言えるかもしれません。嬉しいことです。
 東海大学熊本キャンパスでは、栂野くんを中心に舞台演劇、映画などの研究をする団体「芸能・メディア会」を立ち上げる予定だそうです。熊本大学演劇部も、ぜひ関わり合いながら負けないように頑張らないといけませんね。



馬渡
posted by 部員 at 13:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頭山で長屋の花見、雨乞源兵衛野ざらしに」終了いたしました!

お久しぶりです。3年生の馬渡直実です。


 遅くなりましたが、瀬上と馬渡が客演させていただいていた劇団「市民舞台」さんの、おむにばすRAKUGO芝居「頭山で長屋の花見、雨乞源兵衛野ざらしに」公演が、6日に無事終了いたしました。ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。
 「役者のインナーマッスルを鍛える」のを目標にしたお芝居、二人共しっかりと鍛えられてきました!ついでに浴衣も着られるようになりました。市民舞台のみなさま、本当にお世話になりました。いない間は部員にも迷惑をかけましたが、それ以上のとても大きなものを得られました。自分たちでの公演でもたくさん成長できるけれど、大先輩たちに囲まれてもまれるとやはり学べるものが大きいですね。クマエンの公演でも、ぜひ活かしていこうと思います。

 さて、次の客演ですが、11月8月〜9日に早川倉庫で行われるアルビレオ特急の「牛山ホテル」公演に瀬上と馬渡、そして一年生の清田が出演予定です。こちらも詳細を後日お知らせいたします。乞うご期待!
posted by 部員 at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。